< meta name="keywords" content="スタイル 運営 オープン 中国 鳥取 システム コンビニ 島根 おかず 限定" />
SSブログ

コンビニ「ポプラ」がローソンとの共同店舗、『ローソン・ポプラ』を新展開! [ローソン]


スポンサードリンク

ローソン&ポプラ.png
コンビニ大手のローソンポプラが、

共同店舗「ローソン・ポプラ」を展開する事を

今月18日に発表しました。


この共同店舗「ローソン・ポプラ」は、

鳥取県・島根県の2県による限定店舗となります。


両県は、人口の減少とともに

購買力が低下していくとみられており、

ポプラ個社では物流展開などをしていくのに

限界があると考えられていました。


そこで、ローソンとの2社で

インフラを共同化し

効率性の向上を図る事で、

今回の結合となったようです。






ローソンとポプラは、

去年12月より業務提携を始めていましたが、

今回の共同店舗の設立に向けて

中国地方を基盤とするコンビニ・ポプラ

2015年11月に運営会社を設立します。


更に2016年の春以降で

共同運営会社の設立を予定している様です。


まず、今年11月より

実験店となる店舗、数店がオープンされ、

2016年春以降からは

約100店舗のポプラ店舗のうち、

希望する加盟店舗を

「ローソン・ポプラ」に転換していく予定です。


今後も、ローソンの店舗開発力を活かし

ポプラのモデルで出店を進めるとして、

15年度に30店舗

16年度には50店舗

17年度以降は70店舗を展開していく予定としています。






さて、コンビニ・ポプラといえば

お弁当の仕様が他のコンビニと

少し違っている事が有名だと思います。


ご飯が入った普通のお弁当と、

ご飯のないおかずだけのお弁当が並んでおり、

おかずだけのお弁当をレジに持っていくと

おかずだけを電子レンジで温め、

そのあとに店員さんが炊き立てのご飯を

盛り付けてくれるというシステムです。

ポプラ・弁当②.jpg

そのため対応する店員さんによっては、

とてつもない量のご飯を盛ってくれるという

嬉しいサービスを提供してくれる事もあるそうです。


今後展開される「ローソン・ポプラ」も

お弁当のシステムに関して

同じようなスタイルとなるのでしょうか?


そんな事も今後、気になってくるところですね。


「ローソン・ポプラ」の店舗は

今のところ鳥取・島根のみでの展開となりますが、

こういった地域に合わせての取り組みが

今後も様々な形で展開され、

地域の活性に繋がるといいでしょうね。


 【関連記事】

・JINS PCとコラボのPCメガネ登場! リラックマは2015年もカワイイ!ローソンでは秋のリラックマフェアも開始!






スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

目次ページ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます