< meta name="keywords" content="比較 英訳 外国 資格 歌詞 10月 オーストラリア 大会 ラグビー マイケル" />
SSブログ

ラグビー日本代表の外国人、多人数で歌う「君が代」が国民の心を捉える!! [ラグビー]


スポンサードリンク

ラグビー、君が代.jpg

ラグビーワールドカップで、

強豪国・南アフリカを破り、

日本代表は歴史的快挙を成し遂げ、

注目を浴びるようになってきました。


先日、2015年10月3日には

26-5という好成績でサモアにも圧勝し、

初の1次リーグ突破を目指しています。






そんなラグビー日本代表には、
ニュージーランド出身リーチ・マイケル主将をはじめ、

外国人の選手が比較的に多く見られるという事で、

ネットなどでもよく取り上げられています。


中には、こうした外国人選手たちが

日本国歌「君が代」を熱唱する姿が絶賛され、

そこに注目が集まってきているようです。


●ラグビー日本代表メンバー、31人中10人が外国出身の選手。


現在ラグビーW杯に出場登録されている

日本代表の選手は、

選手人数31人のうち、10人

ニュージーランドオーストラリアなどの

海外出身者の選手であり、

比較的多く人数を占めています。


外国人といっても、

その人数のうち5人

日本国籍を取得しているようです。


そんな外国人選手たちが

国歌「君が代」を斉唱する姿を見て、


 「外国人選手も君が代を歌ってて胸熱!!」  
 「外国出身の代表選手が君が代を歌ってる姿を見てもう泣きそう」
 「代表として敬意を払ってくれている姿に感動します!」
 「人種や出身国を越えて君が代歌ってるの、いいな~」
 「やっぱり国籍なんて関係ない!


などと、サモア戦のあった10月3日には、

ツイッターなどでこうした声がたくさんも寄せられたようです。


ラグビーでは日本代表選手になるために、

日本国籍は必ずしも必要ではなく、


 「本人が当該国生まれ」
 「両親か祖父母の1人が当該国生まれ」
 「本人が3年以上継続して当該国に住んでいる」


という3つの条件のうち、

いずれか1つの条件をを満たせば、

外国人であっても、その国の代表資格があるものと定められています。


ただし、世界大会で

他国での代表歴がある場合はNGのようです。



ここ最近までは、


 「日本の代表選手に外国人多すぎない?」


と、疑問視する声もよく見られましたが、

外国人選手を含む大人数が一つになって

この国歌を斉唱する姿には、

「出身国はバラバラでも気持ちは一つである」

感化されていく日本人も増えているみたいです。







●「君が代」、歌詞の意味までリーチ主将がレクチャー。


試合前の国歌斉唱では、

肩を組んだ選手たちが揃って「君が代」を歌い、

真剣な表情で口をしっかりと開けて歌う姿は、

日本出身の選手も外国人の選手も変わりません。


しかも彼らは、

歌詞をただ丸暗記して歌っている訳ではないようです。


主将のリーチ・マイケル選手によると

 「試合の前の合宿中には、

 必ず全員で君が代の練習をします」

語っており、

他の外国人選手に「君が代」をレクチャーするのは

主将であるリーチ選手が

率先して行っているみたいです。


紙にはローマ字書きの歌詞が書かれ、

その下には英訳が記されており、

 「君が代の中身を自分たちにつなげて、

 歌詞を理解して歌ってこそ意味がある」

リーチ選手は話しており、

「君が代」に込められた意味を実直に受け止め、

周りの選手に広めているようです。


何だか日本人以上に

日本国歌「君が代」の事を

理解しているのかもしれませんね。


ラグビー日本代表の

選手人数全体の3分の1を

外国出身選手が占めていることに対し

世間では不満の声をもつ方もいる一方で、

これらの背景を目の当たりにして

「国」という垣根を越えた理解が

できる方も増えてきたように思います。


何だか非常に嬉しい事だと思います。


只今、最多得点記録を更新している五郎丸歩選手も、

 「彼らは母国の代表より日本を選び
 日本のために戦っている最高の仲間です。
 国籍は違うが日本を背負っています。
 これがラグビーです。」

と、出身国は違っても日本にかける思いは一つである、

ということを強く語っています。


同じ日本を愛する者として、

日本を背負っている外国人選手にも

今以上に注目が集まるといいですね。


日本中の人達の心を一つにして、

ラグビー日本代表を応援していきたいものです。


 【関連記事】

・ラグビー・日本代表メンバー五郎丸らに、吉本新喜劇が出演オファー!?

・ラグビーW杯 南アフリカがスコットランドに勝利!日本、1次リーグ突破は厳しい?

・日本ラグビー大金星!例の「桐谷美玲」も 高校ラグビー部のマネージャーだった!






スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

目次ページ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます