< meta name="keywords" content="赤ちゃん クリーム ブラック 写真 群馬 サファリ ホワイト タイガー 10月 思い出" />
So-net無料ブログ作成

ホワイトタイガーの双子の赤ちゃんが大人気!群馬サファリパークで一般公開中! [アニマル]


スポンサードリンク

ホワイトタイガー赤ちゃん.jpg

群馬県富岡市にある「群馬サファリパーク」で、

9月1日に生まれたホワイトタイガーの双子の赤ちゃんが、

只今一般公開されています。


そのホワイトタイガーの赤ちゃんを見るのを

公開以前より楽しみにしていた方も多かったようで、

愛くるしいホワイトタイガーの2頭は

公開後、来場者の人気を一身に集めているようです。






ホワイトタイガーの赤ちゃんが公開されたのは

生後約1ヵ月後の10月5日(月)からです。


生まれたホワイトタイガーの赤ちゃんは、

双子のメスで、

それぞれ名前は「アル」「ルナ」です。


ここ群馬サファリパークでは、

昨年2014年の4月にも

3頭のホワイトタイガーが生まれており、

今年もそれに続いての

2年連続の赤ちゃん誕生となります。


昨年は残念な事に

3頭のうち1頭のメスが亡くなってしまいましたが、

今年の2頭はすくすくと

元気に育ってくれたみたいです。






さて、ホワイトタイガーは非常に珍しい

白い毛をした希少種で、

現在日本国内には約35頭

世界でも約250頭が飼育されているだけだそうです。

ホワイトタイガー.jpeg

正式名は「ベンガルトラ白変種」といい、

インドに生息するベンガルトラの白変種にあたります。


普通のトラでは黄色になる部分の毛が

白色もしくはクリーム色となり、

黒い縞模様の部分も色が薄く

個体によっては茶色や極薄のスノーホワイトだったり、

中には縞模様がないものもいるそうです。


虎にはホワイトタイガーのほかに

青に見える灰色をした「マルタタイガー」

黒い体色をした「ブラックタイガー」なんて虎も

いるみたいですね。


「ブラックタイガー」という

クルマエビの一種もいますが

こちらは当然虎ではありません。



只今この群馬サファリパークでは、

ホワイトタイガーの双子赤ちゃんと

一緒に記念撮影ができ、

午前10時と、午後1時からの2回、

1日40組まで参加できます。


2頭のどちらかを抱っこして写す事ができ、

Lサイズの写真が付いて

料金は800円です。


滅多に触れ合うことのできない

双子のホワイトタイガーの赤ちゃんに、

会いに行ったらきっとメロメロになってしまうでしょうね。


是非2頭の赤ちゃんの可愛さに触れて

ステキな思い出の1枚を作りに行ってみてください。


 【関連記事】

・ホワイトタイガーがいる動物園を一覧で紹介!白いトラやライオンを見に行こう!

・【ホワイトタイガーの赤ちゃん】群馬サファリパークの双子の名前は、あのアニメのキャラから?






スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

目次ページ