< meta name="keywords" content="年末 ジャンボ" />
SSブログ

年末ジャンボ宝くじ2015 10億円とミニ、どっちを買う?金額と当選確率の比較 [年末ジャンボ]


スポンサードリンク

年末ジャンボ宝くじ2015 10億円とミニ、どっちを買う?金額と当選確率の比較


宝くじ.jpg


2015年ももう半月もすれば

年末になってまいりますね。



年末といえば、

やはり年末ジャンボ宝くじ

楽しみの一つです。


今年2015年の年末ジャンボは

1等7億円、前後賞がそれぞれ1億5000万円で、

最大10億円という

物凄い金額が当たりますね。





スポンサーリンク














2015年は同時に

年末ジャンボミニも販売されており、

こちらは1等7000万円が当たります。



年末ジャンボミニの1等は、

通常の年末ジャンボの

10分の1という金額ではありますが、

その分1等の本数が多くなっています。



年末ジャンボも年末ジャンボミニも

購入金額はどっちも同じで

1枚300円となりますが

一体どっちを買う方がいいんでしょうか?



まずこちらが、

今回行われる

2015年の年末ジャンボ宝くじの

各等の当選金額と本数の一覧です。

2015宝くじ当選金額.gif



そしてこちらが、

2015年の年末ジャンボミニの

それぞれの当選金額と本数になります。

2015宝くじ当選金額・ミニ.gif



10億円の当たる年末ジャンボは

27ユニットの販売で

1等の本数は27本となります。



一方、年末ジャンボミニは

19ユニットの販売で

1等7000万円の数は190本

2等の100万円でも1900本

用意されている事になっています。



明らかに年末ジャンボミニの方が

本数が多いので、

当たる確率だけでいったら

こちらの方が高くなりますよね。





スポンサーリンク














販売数はその年の売れ行きによって

増刷される事もありますから、

さらに当選本数が増える可能性があります。



そのため

正確な当選確率は分からないんですが、

昨年の2014年のときは

年末ジャンボが約1000万人に1人

年末ジャンボミニが約100万人に1人という割合で

1等が当たる計算となっていたそうです。



つまり、年末ジャンボミニの方が

年末ジャンボよりも10倍

当選確率が高い事になります。



当選金額が低くても

純粋に当たりを狙っていくんでしたら、

年末ジャンボミニの方を買った方が良いですね。



そして、年末ジャンボの方が

年末ジャンボミニよりも

1等の当選金額が10倍と高く

場合によっては前後賞もつくわけですから、

大きく夢を見るのなら

迷わず年末ジャンボを選んだ方が良いですよね。



さて、あなただったら

どっちを選んでみますか?



もちろん中には、

年末ジャンボも年末ジャンボミニも

両方買うという人も多いでしょうね。



結局当たる当たらないは運によるものですから、

どっちを何枚買ったところで

当たるときは当たるでしょうし、

当たらないときは当たらないものです。



10枚買って当たる人もいれば、

100枚買っても当たらない人もいますし、

これは運に任せるしかありません。



ただ、宝くじを買わない事には

何も当たりませんので、

当選の権利を得るためにも

1枚でも手に入れておく事が大事ですよね。



さて、今年2015年の宝くじも

年末ジャンボと年末ジャンボミニ

どっちを買ってもワクワクする事には

間違いありませんね。



年末ジャンボ、年末ジャンボミニの販売は

どっちも12月22日(火)まで、

抽せんは12月31日(木)となります。



抽せんが行われる年末を

楽しみにしていましょう。


【関連記事】

・宝くじ 年末ジャンボ10億円!どんな買い方で当選確率は上がる?





スポンサーリンク












スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

目次ページ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます