< meta name="keywords" content="ポイント 防災 進路 10月" />
SSブログ

台風23号・2015 大きな台風のたまご、発生時から巨大!?最新の進路情報は? [台風]


スポンサードリンク

台風②.jpg

2015年10月2日(金)15時頃

日本の南東の海上で

台風のたまごが発生し、

台風23号に発達する可能性があるとされています。






昨日、日本のはるか南東の海上で

発生したとされる台風のたまごは、

何よりも最大の特徴として、

発生時からとてつもない

巨大な強風域を持っているようです。



今回の台風23号のもつ、広大な強風域は

発生時のたまごの状態から

1500キロもの

巨大な台風として発生しています。


通常、台風が発生する時には

まだ比較的小さな渦巻きで、

強風域の直径は500キロ程度のものが多いそうです。


しかし、今回の台風23号は、

発生したたまごの時点で

既に2015年に発生した台風の中で

最も大きくなっているという事らしいです。


これには驚きというよりも

不安と恐怖を感じずにはいられませんね。


そして台風の大きさ

風速15メートル以上の「強風域」によって

定義されているんですが、

その強風域の直径が

1000キロ以上だと「大型の台風」

1600キロ以上になると「超大型の台風」

となります。


つまり、今回発生した台風23号のたまごは

「大型」どころか、

「超大型の台風」の一歩手前

大きさで発生している事になります。


2015年中、最も恐ろしい台風の誕生ですね。








●2015年最大級の台風23号、最新進路情報は?


さて、この台風23号の進路

非常に気になるところですが、

最新の情報ではどのように推測されているでしょう?


只でさえ、今年2015年は、

あちこちで台風による

大きな被害が相次いでいますので、

今回も非常に気になるところです。


最新の進路情報によると、

巨大な台風23号のたまごは、

今後も発達しながら西寄りに進路をとり、

来週金曜から土曜、

2015年10月8日(木)~9日(金)頃には

日本の東、海上を

北上していく可能性が高くなっています。

台風23号、進路.png

このタイミングまでに

どこまで日本の陸地に近付くのかが

来週後半の天気を左右する

最大のポイントとなるようです。


只今出ている予報円の中の

東側へ離れていく進路になれば、

台風23号の影響は海上に限られるようです。



ただ、今回の台風は何よりも巨大であり、

その影響範囲が非常に大きい事が

最大の特徴ですから、

少々離れた進路で通過する場合でも、

思わぬ大きな影響を受ける恐れがあるので

決して油断はできません。


今後更新される

最新の情報には充分注意を向け、

防災対策など、しっかりとした警戒を行っておきましょう。


 【関連記事】

・台風15号(2015)、25日の進路状況。台風17号・18号のたまごも発生か?






スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

目次ページ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます